esm アジャイル事業部 開発者ブログ

永和システムマネジメント アジャイル事業部の開発者ブログです。

今年もいろいろありました。アジャイル事業部でのできごとふりかえり in 2019

yucao24hours です。

盛り上がっていたアドベントカレンダーの時期も終わり、気分はいよいよ本格的な年末モードとなってまいりました。

「一年」という単位は日々のどの時点から数えても同じなのに、不思議なもので歳末になるとその一年にあったできごとを端から端まで自然と思い返したくなるものです。

アジャイル事業部が発足して早 5 年あまり。今年も今年でいろんなことがあったなあと思い、2019 年にアジャイル事業部であったできごとを書き出してみました。規模の大小を問わずいろいろ見つけてみましたので、「永和のアジャイル事業部ってこんな感じなんだなー」というのを少しでも感じていただけたら嬉しいです。

🎍1〜3月

1 月

  • 年始のどたばたであっという間に過ぎていった

2 月

  • 和じゃ1で使うカメラを広角にした

3 月

年始からしばらくは、 4 月に開催される RubyKaigi 2019 のカスタムスポンサーとしての企画や、後述するオブラブカレンダー配布会イベントの準備などで事業部じゅうがてんやわんやに。そのせいか大きなイベントは特にありませんでした。

また、新卒から長らく頑張ってくれていた tkm_kj が卒業したのもこの頃でした。元気でやってるかなぁ。


🌸4〜6月

4 月

5 月

  • kawagoi が入社する

6 月

  • 名古屋 Ruby 会議 04
    • スポンサーとなる
    • koic, colorbox が LT で登壇する
    • kunitoo がスポンサー LT で登壇する
  • Rails Girls Ehime 01
    • yucao24hours がコーチとして参加する
  • bento システムが無期限の活動休止となる
  • 新サービス開発のための極秘(?)開発合宿を行う

4 〜5 月は新しい仲間が加わったり様々なイベントがあったりと、アジャイル事業部にとっては賑やかな期間でした。

6 月には、かつて私も開発に参加した bento という社内向けウェブサービス(社内での仕出し弁当注文管理システム)が、出社人数の減少に伴い利用者も減少し、稼働停止に。これは在宅作業制度が着実に定着している証でもあると思うので良い傾向なのですが、ここだけの話、個人的にお気に入りのお弁当屋さんだったので私としてはちょっぴり残念だったりしましたw

なお、このころ開発合宿を行った "新サービス" については、近日中に詳細が公開されるそうです。待て続報!


🏖7〜9月

7 月

8 月(40期スタート)

  • ESM Real Lounge が始まる
  • 個人への書籍購入補助制度の試行が始まる
  • Lunchpack の運用が開始される
  • 全社で毎年恒例の健康診断が始まる
  • hisas 卒業

9 月

  • 健康診断の結果を受け training 部(の Idobata ルーム)を覗きに来る人が急増する

梅雨も明けて夏本番のこの時期。薄着になる頃だからなのかなんなのか、にわかに運動を活発に行い出すメンバーが続出。そこに普段から運動を続けているメンバーも合流して、弊社 Idobata チームに “training” なるルームが爆誕しました。(そういえば最近活動していませんね…?)

7 月には肉の万世の 7 階で盛大に「39 期お疲れさま会」を開催したのち、8 月からは新たに 40 期のスタートです。8 月はわたしたちにとっては「もうひとつの年始」3。新しい “年のはじめ” にふさわしく、新たな取り組みとしてESM Real Lounge」の開催や、個人への書籍購入制度の試行が開始されたりしました。

また、4 月に入社した wai-doi が作ってくれた Lunchpack という社内向けウェブサービスが稼働しはじめたのもこの時期。こちらはアジャイル事業部の制度のひとつである「ランチ給付金」を利用しやすくするための Rails 製アプリケーションで、今も継続的に wai-doi が中心となってメンテナンスを続けてくれています。


🍂10〜12 月

10 月

  • 台風や大雨などの影響で落ち着かない日々を過ごす

11 月

12 月

  • 平成 Ruby 会議 01
    • キーノートスピーカーとして koic が登壇する
  • Ruby 2.7 についてみんなでわいわいする会を開催する

10/01 から消費税が 10% に引き上げられました。この記事をお読みのみなさまの中にも、この増税に伴うシステムの修正対応を行うこととなった方もいらっしゃるのではと思います。アジャイル事業部のメンバー内でも、それぞれ担当するプロジェクトの中で協力しあいながら無事に乗り越えていたようです。みなさま、お疲れさまでした。

11 月にはまた新たな仲間として yuki0920 が入社してくれました。今年入社の彼や wai-doi が日々前向きにがんばっている姿に心を打たれ、なぜかわたしまで俄然やる気が出てきた結果(笑)、このあたりからいろいろな小さいイベントを企画しはじめます。

そのうちボツにならずに形となったもののひとつが、帰社日である 12/19(木) のランチタイムに開催したRuby 2.7 についてみんなでわいわいする会」。突然の開催にも関わらず多くのメンバーが参加してくれて、すごく有意義な会になりました。takkanm さんのオススメによりみんな一緒に UberEats で注文した寿司ブリトーもおいしかった! 🍣


そしてちょうど今週の 12/23(月) に「ESM Real Lounge 12 月の会」を開催し、残すは 12/27(金) のオフィスの大掃除のみ!という状態で今に至ります。

ここに書いたイベントだけでなく、月例で定期開催されている Rails/OSS パッチ会、各メンバーが主催・参加するコミュニティなど、年間を通しても実にさまざまな活動が行われてきました。慌ただしく駆け抜けてきた一年だったようにも感じていましたが、こうして思い返してみるとアジャイル事業部にとって本当にいろいろなことがあったのだなぁと実感します。

おわりに

2019 年も数々のことに挑戦し、時にはうまくいかないこともありましたが、こうして無事に一年を終えられる(終えられそうな)ことがなによりだと思います。

アジャイル事業部に関わってくださったすべてのみなさま、今年も一年ありがとうございました。

それでは、デスク周りとリポジトリの大掃除をばっちり終わらせて、良い年末年始をお過ごしください!✨


  1. 東京支社にある畳スペースの名前。毎週月曜日に和じゃで開催する事業部ミーティング「みんなの運営会議」で、和じゃにいるメンバーが多いため見切れないようにと広角カメラを買ったのでした。

  2. 退職

  3. ほかのみんながどう思っているかはわからないですが、少なくともわたしは毎年そう感じる。